パソコン工房「Kaby Lake」搭載パソコン

のそのつぼやき

アクセスカウンタ

zoom RSS 「モテキ」を観てきたのそ

<<   作成日時 : 2011/11/06 23:39   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 3 / コメント 2

 先週の日曜日、M氏と映画「モテキ」を観てきました。
今回も、株主優待券を利用するため、静岡東宝会館で鑑賞。
もう公開して結構たっていたし、セノバの上の映画館もあるし
すいているかな?と思いましたが、意外と混んでいました。

モテキ

画像


 31歳の藤本幸世(森山未來)は、金なし夢なし彼女なし。
派遣社員を卒業し、ニュースサイトのライター職として新しい生活を踏み出そうとしているが、結局のところ新しい出会いもないまま。
だがある日突然、第2の「モテキ」が訪れた。
キュートな雑誌編集者・みゆき(長澤まさみ)、みゆきの友人で清楚で素朴な年上OLるみ子(麻生久美子)、バーの美人ホステス・愛(仲里依紗)、というまったくタイプの異なる美女たちの間で揺れ動く幸世。
会社では、美貌のSキャラ先輩社員・素子(真木よう子)にしごかれ、大忙しの毎日。
 人生において異性に突然モテる時期、モテ期。
モテキの波を越えて、幸世は本当の恋愛にたどりつくことができるのか?

 「イブニング」で2008〜2010年まで連載された久保ミツロウの人気コミック「モテキ」。
2010年にテレビ東京でドラマ化されたものを、TV版でも監督を務めた大根仁が映画化。
テレビドラマのラストから1年後という設定で、原作者自身が完全映画オリジナルストーリーとして書き下ろし、全く新しい「モテキ」として創り出した。
(118分)


※ちょっと今回はネタバレな感想になっちゃいます。
 私は、ドラマの「モテキ」も原作も見ていなかったので、おもしろいという
評判のこの映画、かなり期待して観に行きました。
ストーリーは、ドラマのラストから1年後という設定だったし、ドラマの中の
女性たちはまったく出てきませんでした。
が・・ちょっと思ってたのと違ったなぁ。
 まず、あれ?と思ったのが、4人の女たちの間で恋に揺れるのかと
思ったら、真木よう子は会社のタダの先輩。
全く恋愛の対象ではありませんでした。
だから、正確には「3人の女性」ですね。
と言っても、仲里依紗はほんのちょっとかかわっただけ。
正確には、ヒロインは長澤まさみです。
長澤まさみは、やっぱりこういう役は合いますね。
ファンには嬉しい映画だと思います。
 麻生久美子は・・・ちょっとかわいそうな役。
付き合うのなら、そんなに悪くはない女性だと思うんだけどなぁ。
幸世は、ひどすぎる!

 そして、私にはいくら「モテキ」が到来したからといって、なぜこの男が
こんなにもてるのか、わかりませんでした。
ちょっと見ていてイライラしてきちゃったなぁ。
まぁ、派遣社員から、人気サイトのライターになって、本人のレベルも
まわりの環境も、よいものになってきたんだろうけれど、外見がイマイチ
だからといって、本人の性格がいいわけでもないし、突然モテはじめたら、
調子に乗って女に理不尽なマネはするし・・・
草食系男子が・・・という話だと思いましたが、幸世は気の弱い肉食系
じゃないの???
森山未來が気持ち悪い・・・と思えたところで、彼の演技がよかったと
いうことだと思うのですが、森山未來がやたらキスしまくる映画
だなあと思いました。
あのキスは、草食系では、ない!!
 この映画は、ハッピーエンドになって欲しくはなかったなぁ。

 私は毎週少年マガジンを読んでいて、そこに久保ミツロウ先生の対談が
載っていましたが、本当は原作では、ハッピーエンドではなかった
のだけれど、監督やスタッフからハッピーエンドの要望があったとか・・・。
まぁ、こういう映画はハッピーエンドになったほうが後味がいいんだろう
けれど、この映画はそうは思わなかったなぁ・・・。
 まぁ、だいたい、この人のマンガに出てくる男の人は
ちょっとエキセントリックな性格だったり、ちょっと違和感のある人が
多いんですよね。
作者は名前に反して女性なのですが、男=妄想のかたまり、女=アバズレ、
的なイメージがあるのか・・・
今日は、録画してあったドラマ版「モテキ」を一挙4話観たのですが
・・・今時の女の子ってこうなの???と男性が錯覚したら
よくないんじゃないの?と思ってしまいました。
女の子にも感情移入できないし・・・真実味が感じられないんですよね。
・・・あ、そうだ!
女の子にあまりかわいらしさが感じられないんだ。
外見とかしぐさではなく、上滑りな感じがするのです。

 映画の中で、なつかしの音楽が流れたり、いきなりカラオケの映像風に
なったり、ミュージカル風になっちゃったりする演出は、楽しかったですよ。
芸能人が本人役で出るのも、おもしろいと思いました。
でも、約2時間の映画、ちょっと長く感じちゃったなあ。

のその感想・・・8点(10点満点で)


 「モテキ」って、その人とが人生の中でその人が一番輝いているときに
訪れるものだと思います。
けっして、ミラクルとかじゃないと思うんですよね。
何も努力しないで、何も成長しないで、自分のことばかり考えていても
「モテキ」はいくら待ってても来ないんじゃないかなぁ。

 あ、今連載中の「アゲイン!」は、結構楽しみにしています。


アゲイン!!(1) (KCデラックス)
講談社
2011-09-16
久保 ミツロウ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by アゲイン!!(1) (KCデラックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




モテキDVD-BOX (5枚組)
東宝

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by モテキDVD-BOX (5枚組) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
モテキ 森山未來に殺意を抱き、長澤まさみ嬢にムラムラする映画w
映画「モテキ」が公開14日間で興行収入10億円を突破する大ヒットらしい。僕もその中の1人な訳だけどw週末で映画の日に見に行ったこともあって確かにお客さんの入りと熱気は凄いものがありました。 ...続きを見る
マチルダベイビー!
2011/11/10 10:56
「モテキ」吾輩にも来るのか(^^;??
[モテキ] ブログ村キーワード  まさかのテレビ東京深夜ドラマ枠からの映画化!「モテキ」(東宝)。ドラマにひき続き人生において突然、異性に持てる時期=“モテ期”が訪れた“低恋愛偏差値男”が巻き起こす、有り得ない“ウルトラ・ミラクル・ラブストーリー”。大爆笑必至です! ...続きを見る
シネマ親父の“日々是妄言”
2011/11/21 00:24
映画『モテキ』
 コミックが原作で、テレビ東京系で放送された連続ドラマの映画化。ドラマ版から一年。サブカル好き草食系男子・藤本幸世に訪れた第二のモテキ。果たして幸世は、幸せを掴めるのか……。 モテキDVD-BOX (5枚組... ...続きを見る
闘争と逃走の道程
2011/11/21 17:02

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
まぁ、モテない男の妄想が現実になったら…的なストーリーなので、男にとって都合の良いことばかりな展開ですよね。

ミュージカル風の演出とBGMのチョイスとエンドロールは凄く面白いと思いました。女優陣に関しては…ぶっちゃけ全員を抱きたいっ!だからやっぱ森山はどうしても許せんということでw
マチベー
2011/11/10 11:04
 こんにちは!マチベーさん(*^_^*)
最初の方はおもしろくて観ていたのですが、ストーリーが進むにつれてちょっとイラッとするような場面が多くなってきました(^_^;)

 そうそう、私、こういうメガネの男性が好きじゃないんですよねー。
細長い感じで太目のフレームのメガネ。
・・・ははは、私の偏見かな(^_^;)
のそ
2011/11/11 15:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
Surface Pro 4
価格.com自動車保険 比較・見積もり ドミノ・ピザ【PC向けサイト】 ピザハットオンライン PIZZA-LA <宅配ピザならピザーラ>
「モテキ」を観てきたのそ のそのつぼやき/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる