アロンアルフア EXTRAゼリー状を試したのそ

 久しぶりに、buzzLifeのプロジェクトに当選しました。

画像アロンアルフア EXTRAゼリー状
6本


<特徴>
・ハイスピード接着
・タレない、しみ込まない
・立てられて押しやすい新容器
・ネジこみ簡単開封

<用途>
・靴・革製品の緊急補修
・多少のすき間や凹凸面、しみ込みやすい木材や陶器の接着
・装飾品や模型の製作・穴埋め
・自動車の部品補修


 アロンアルフアと言えば、強力な瞬間接着剤、というイメージがあるので、指についてとれなくなってしまったらどうしよう?とか、使うのもちょっと怖いし、保管の仕方もめんどうなんじゃ?と、私は身構えてしまっていました。
 とりあえず、まず一番最初に試したかった、取れた取っ手を付ける作業に挑戦してみました。

画像 キッチンの流しの下の収納の取っ手。
ある日、引っ張ったら、バキッと取れてしまいました。
新しい取っ手を購入しようかと思いましたが、似たようなものもないし、意外とお高いのです。
「もしかして、アロンアルフアでくっつくのかしら???」
半年位このままの状態なので、まずは断面をきれいに拭きました。


画像 アロンアルフアをつけます。
キャップは昔みたいに針で刺して開けたりしないんですね。
キャップをひねって、簡単に開きます。
垂直な面でも、ゼリー状なので、液ダレしません。
チョンチョンと軽くつけます。



画像 すぐに、ギュッと接着面に取っ手を押し付けます。
そして、数秒抑え続けます。
「お願い!くっついてー!」
祈りながら、押し付けて・・・
ドキドキしながら取っ手を引いてみたら・・・
おめでとう!ちゃんと扉を開けることができました(^O^)/
大成功~!!


 調子に乗って、これもまた前から気になっていた、カラーボックスの部分ハガレも直すことにしました。


画像 コイツです。
ここのハガレが私をイラつかせるのです。
洗面所にあるカラーボックスですが、時々、服にひっかかって、不便なんですよねー。
早く直そう、直そう・・・と思っていたのですが、そのままになってしまっていました。
この際だから、スッキリしちゃいましょう!



画像 はがれている部分に、チョンチョンと付けます。
さかさまにしても、中の液がドバーッと出てくる心配はありません。
立てることができますので、片手で抑えながら、もう片方の手で接着剤を置くことができます。
これもまた、すごく便利ですね。
ここも、しばらく指で上から抑えます。
くっつけー、くっつけー!



画像 指でしばらく抑えたら・・・
よし、ちゃんとくっつきました!
ここは、普段は強く力のかからないところなので、取っ手の時ほどに身構えずに済みました。
こうして、いろんな用途で、気軽に使用することができるんですね。

 保管はどうするのかな?と思ったら、今は室温で普通に保管すればいいんですねー。
(昔は、冷蔵庫に入れてなかったっけ?)

 そうそう、指についてしまった場合の注意書きを載せておきます。
<指についてしまった場合>
まずはあわてず、無理に引っ張ったりはがそうとしないで下さい。皮膚を傷めます。
40℃くらいのお湯でもむようにしてゆっくりはがして下さい。汗をかくことではがれやすくなります。
付着した硬化物は新陳代謝により2~3日で自然に取れます。
また、専用のはがし液「アロンアルフアはがし隊」を指につけてもむようにしてはがすこともできます。
あらかじめ指にハンドクリームを塗っておくと、指に接着剤がつきにくくなります。


 アロンアルフア、これからもどんどん使っていきたいと思います!
・・・と、ここで最後に、豆知識。
この接着剤、読み方は「アロンアルファ」ですが、正式な商品名の表記は「アロンアルフア」と、最後の「ア」が大きい文字なのだそうです。
知らなかったぁ!

"アロンアルフア EXTRAゼリー状を試したのそ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント