「ALWAYS 三丁目の夕日」の試写会へ行ったのそ


 昨日は、母と「ALWAYS 三丁目の夕日」の試写会へ行ってきました。
場内はどちらかといえば年齢層高めで、立ち見も出るほどの大盛況でした。

 昭和33年・・・東京タワーが建設中だった頃のお話。
東京下町の夕日町三丁目には、個性豊かな住民達が暮らしていた。
 ある春の日、短気だが家族思いの父・則文(堤真一)と優しい母・トモエ(薬師丸ひろ子)、やんちゃな息子・一平(小清水一揮)が暮らす自動車修理工場「鈴木オート」に、青森から六子(堀北真希)が集団就職で上京してきた。
 一方工場の向かいに住み、何かと則文と反発しあう駄菓子屋の店主・茶川竜之介(吉岡秀隆)は、三流少年誌に冒険小説を執筆しつつ細々と生活するしがない小説家。
そんな彼が恋心を抱く一杯飲み屋のおかみ・ヒロミ(小雪)のところに、引き取り手のない少年・淳之介(須賀健太)が連れられてきた。
ヒロミの店で酔っ払った茶川は、なぜか淳之介と一緒に暮らすことになり・・・。

 50年先には携帯電話やメールが存在するなんて想像もしなかった時代。
50年たった今でも、夕日は変わらずに美しい・・・。

 1973年(昭和48年)から連載されている、西岸良平原作の国民的人気コミックの映画化。


 平成になり、最近やたらと昭和を懐かしむような施設やTV番組が増えています。
私としてはあまり興味もないし、昭和に生まれているので、「昭和」という言葉を聞いても
そんなに懐かしいという思いは起こりませんでした。
だから、この映画も、全然期待しないで観に行きました・・・
が、この映画、すごく良かったです!
 昭和33年というと、私はまだ影も形も無く、母は小学生の頃です。
その時代を知らない私でさえ覚えた懐かしさ・・・まさに一平たちと同じくらいの年齢だった
私たちの親世代にしてみれば、すごく懐かしい映画だったと思います。
私も時々父から
「うちは町内で一番早くTVを買ったんだよ。近所の人がみんな観に来たり、
塀の外から覗き見したりしていたんだよ。」
とかいう話を聞きますが、まさにそんな感じでした。
当時小学生だった父にっては、すごく誇らしいことだったんでしょうね~。
三種の神器は「TV」「冷蔵庫」「洗濯機」。
冷蔵庫なんて、電気を使う前は、氷を入れて使っていたのですね~。
 今にしてみればあって当たり前のものも、その頃は贅沢品。
ということは、すごく不便な世の中だったと思うけれど、人々はみな温かかったのですね。
最近、毎日のように世間を騒がせている凶悪な事件も、ちょっと前はこんなに頻繁には
起きませんでした。
便利になるということは、人々の心を蝕んでくということなのでしょうか?

 ガンコオヤジ役の堤真一と、ヘナチョコ小説家役の吉岡秀隆がすごくよかったです。
コミカルな部分もシリアスなシーンも、この二人によってより深みのあるものになって
いました。
内容的にはベタな展開なのですが、ホロッとさせるシーンも多いです。
やはり演技がいいからですね。
音楽もよく、映画をより盛り上げていました。
最後は胸がいっぱいになり、場内からすすり泣きが・・・。
感動必至の一作です。

のその感想・・・9.5点(10点満点で)
 「昭和」って、64年もあったんですね~。
最初と最後の方ではすごい違いがあります。
今から50年後、私は生きているかどうかわかりませんが、いったいどんな世の中に
なっていることでしょう?
こんな風に「平成」を懐かしむのかな?


 今日は当選報告が3件。
 「親切なクムジャさん」の試写会が2枚当たりましたが、「エリザベスタウン」と同じ日
なんですよね~。どちらへ行くか考え中です。
 静岡の「Center」のレストラン内で行われる「森絵里香スペシャルトーク」のペア
招待状が当たりました。(ケイタイでの応募)
森絵里香さんは雑誌「with」の専属モデルで、ドリンク・ケーキ付のトークショーです。
 最後に、静岡商工会議所主催「秋のわくわく祭」の懸賞で、「ホテルアソシア静岡
ターミナル」内レストラン「ルミエール」の「ランチ&デザートバイキング券」がペアで
当たりました。(大型店などで店頭の応募箱に応募)
M氏と行こ~っと!
 それにしても・・・なんだかローカルな懸賞ばかりですね。


この記事のトラックバックURL
http://ap.bblog.biglobe.ne.jp/ap/tb.do?newsid=6d548055e3

 三丁目の夕日 特別編

"「ALWAYS 三丁目の夕日」の試写会へ行ったのそ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント