日帰りバス旅行へ行ってきたのそ・白樺湖編(のそ2)

(「のそ1」より続きます。)


 最初に宝石屋さんに行く予定でしたが、時間の関係で先に
「甲州わさび漬けセンター」に寄りました。
前回のツアーでも立ち寄った、「甲州わさび漬けセンター」。
前回は初めてだったのでちょっと店員さんの迫力に面食らいましたが、
二度目となると慣れたものです。

 前回同様、お店の代表のおばちゃんがバス乗り込んできて、
お店の説明をし・・・まったく同じです。
ああ、これがこの人の日常なんだな・・・なんて、ふと思ったり。
バスを降り、店の入り口を入ると、数種類のわさび漬けの味見コーナーが
あり、その先には様々な甲州のお土産を売るコーナーが続いています。
「この前買った、7袋1,000円の干しぶどうは美味しかったのよね!」
と、のそ母はすでに目標を決めています。
「お母さん、出口の方に、たくさん味見コーナーがあったよね!
しじみ汁も試食していこうよ!」
「そうだったね。」
声を張り上げ勧誘をする店員さんを尻目に、目的の場所へ
まっしぐら!
時間を無駄にしません。
試食もたくさんできて楽しかったな♪


 次に立ち寄ったのは、「Ambrose 彩楽」。
前回寄った宝石屋さんとは違うお店ですが、お店の形態は同じ
ようなものです。
ジュエリーについて話を聞き、最後はトルマリンの話になります。
いろんな宝石がありましたが、メインで売りたいのは、トルマリン
なのかな?
ちょっとラッキーなことに、
「1月生まれの方はこの中にいらっしゃいますか?」
というお店の人の問いかけに、私を含めた6人ほどが名乗り出ました。
「ささやかですが、プレゼントを差し上げます。
おめでとうございます!」
と、それぞれ根付のようなものをいただきました。
「のそは、いつも何かもらえていいねー。」
と、母に羨ましがられました。てへ(*^。^*)

 そして、営業タイム。
こういうお店は、買い物の時には、一時間ほど部屋に押し込み、
お客を外に出さないものなのですが、今回のこのお店は、
座って休むイスも、コーヒーのサービスも何もありませんでした。
せっかく、今日初めてのコーヒーが飲めるかも・・・って
楽しみにしてたんだけどな。ちぇっ。
ここでは、スタンプカードが配られて、5ケ所の売り場で何かを1つ
ジュエリーを試着すると、一つサインを入れてもらえます。
サインを5個集めたら、記念品をもらえるというもの。
(適当に指輪をはめたりして、がんばって5つ集めました。)
それにしても・・・こういうところでしっかりと高額なお買い物をされる方も
いらっしゃるんですねー(゜o゜)
その部屋を抜けた所に、いきなりお値段の桁が1つ2つ少なくなった
土産物スペースが現れ、さらに階段を降りると、千円前後のものが
中心の土産物スペースが現れました。
お土産を買いたい方は、出口に近いところで買うのがいいですよ!

画像

      左が誕生日のプレゼント、右がスタンプ集めた記念品


 次にやっとランチにありつけるかと思ったら、時間調整の関係で、
午後に行く予定のチーズケーキ工房へ立ち寄りました。
もうすぐお昼だし、あまり試食するのもね・・・と思いましたが、
チーズケーキの試食はちょびっと。
あとは、普通に土産物として売っている、漬物の試食が
たくさんできるようになっていて、お茶のサービスもあったので、
すいた小腹を満たしました。
 ただ、ここは思った以上に小さいお店で、2台分のバスの人間が
重なってしまったら、お店の中がギュウギュウで、ろくに
お土産物も見れない状態(-_-;)
時間調整、ちゃんとしてよねー。


 移動する間、
「あ、湖が見えた!」
と思っても、添乗員のおばちゃんは自分の作業で手一杯で
ろくにガイドもせず(-_-;)
目的地に着いても、集合時間もまともに言いません。
(わからなくて、お店の人に聞いちゃったし。)
いくら無料のツアーとはいえ、10,800円払って参加している人も
いるのに、こりゃないよね(-_-;)
前回の無料ツアーのガイドのおねーさんは、愛嬌もあったし、
観光案内もそれなりにしてくれたし、ちゃんと自分の仕事をこなしていました。
ガイドの人選は、旅行会社の信用のためにも大切ですね。
それは、普通の会社でも言えることですが。

 ま、ともかくランチです。
午後1時ちょっとすぎに、白樺湖池の平ホテルに到着します。


(「のそ3」につづく。)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック