日帰りバス旅行へ行ってきたのそ・白樺湖編(のそ1)

 この前の日曜日、母と日帰りバスツアーへ行ってきました。
今回のも、無料ご招待。
先日、M氏のスーツをまとめてクリーニングに出した時に、
(普段ほとんどクリーニング屋さんへは行かないのですが。)
クリーニングチェーン主催のツアーの応募用紙をもらい、
母と私の名前で応募したら、両方とも当選したのです(*^_^*)
 今回は、「初春の諏訪・白樺湖 日帰りの旅」。
こういうツアー特有の、宝石店や土産物屋はもちろん入っていますが、
白樺湖・池の平ホテルでのランチと、諏訪大社参拝も組み込まれています。
普段、雪を見ることのない静岡人にとっては、冬の長野は
寒いけど魅力的です。
土日祝日は1,000円出さないとなりませんが、せっかく二人で
当選したので、参加してきました。
まあ、二人当選しないと、この手のツアーには行きませんが。
(それでも、10,800円払って、家族やお友達を誘って参加する人も
いるんですよ。)


 朝は早く、六時半に静岡駅南口を出発。
出発の10分前に集合なので、6時15分頃には集合場所に到着しました。
今回のバスは2台。
1台のバスには皆乗り込んでいるのに、もう1台の私たちのバスの方だけ
行列ができています。
もう一台の方は、若い男性の添乗員ですが、こちらはオバチャン添乗員。
見てみると、バスに乗り込む前に、名前の確認とお金の徴収までしているのです。
手際が悪いようで、なかなか列が前に進みません。
先日行ったア○ヒ観光のツアーでは、入り口で名前だけ確認して、
お金の徴収は走行しているバスの中で行われました。
今回のはステッ○トラベルというところです。

 寒い中待たされて、やっと私たちの番になりました。
私が確認ハガキを差し出すと、
「お連れ様のハガキは?」
と、聞かれました。
「いえ、私の方にしか来ませんでしたが・・・。
私が代表者になっているからハガキは1枚じゃないんですか?」
「そんなはずはありません!」
・・・何ぃ?言い切ったよ、このオバチャン。
「私たちは親子で当選したので、隣同士の席にしてくださいと、
当選通知にあったとおりに私の名前で封筒にハガキを2枚入れて送りました。
私の方にしか、確認ハガキはきませんでしたよ?」
「お連れ様にもハガキは送られているはずです!」
おばちゃん、声を荒げて、断固と譲りません。
「だって、実際に母の方へは届いていないんですから!
私がこの前参加したツアーだって、代表者にしか確認ハガキは送られて来なかったし。」
「そんなはずはありません!」
と、また否定。
・・・この人、素人なのかしら?
「だいたい、ちゃんとこのバスの座席表に、母の名前が書いてあるじゃないですか?!
だから、私の送った当選ハガキは届いているんでしょ?」
「・・・それじゃ、健康保険証をお持ちですか?」
それは、確定ハガキに書いてあったから、ちゃんと用意してあったので、
母がオバチャンに保険証を見せました。
そこで名前を確認し、千円ずつ徴収されたあと、やっとバスに乗り込むことが
できました。

 実際に確認ハガキは私の方にしか届いていないし、ここの会社のツアーでは
一度に申し込んでも別々に確認ハガキを送り返すという方針だったと
しても、そのオバチャンが発送作業をしたわけではないし、実際に
発送されていなかったのかもしれない。
または、郵便の配達の途中で紛失・・・というのはほとんどないかな?
でも、実際に母の所へは、確認ハガキは届いていないし。
 そういう可能性をすべて考えても、頭からお客の言う事を否定するのは、
プロとしてどうかと思う。
業種は違っても、同じ接客をする人間として、このオバチャンは失格です!
 こんなわからずやのオバチャンが添乗員なの?
もう一台の方の、若いお兄さんの方がよかったなぁ・・・。


 出発前のひと悶着で、すっかり出鼻をくじかれた私たちでしたが、なんとか
バスは出発しました。
気分は悪かったですが、東名高速を走りながら見る、きれいな富士山を見て、
心を落ち着けようとした、のそなのでした。

画像



 バスは、東名富士インターで降り、朝霧方面へ。
朝霧の道の駅でトイレ休憩をし、まず最初の立ち寄り場所である
宝石店へと向かいます。


(「のそ2」へつづく。)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

2011年02月03日 01:03
富士山が近くていいなぁ。うちの方でも少し高いところに上ると見えることは見えるんでえすよ。でもやはり距離が遠くて迫力がイマイチ。河口湖近辺から見る富士さんは最高ですね。
この添乗員のおばはんはサービス業失格ですね。確認してみますでえーやないの。そこの会社に苦情のメールを送ってやるべきですね。プンプン!
のそ
2011年02月03日 22:45
 こんばんは!マチベーさん(*^_^*)
近くで見る富士山って、本当に迫力あるんですよね!
普段、富士山を見慣れていても、富士宮あたりまで来ると、迫力が違います。
 そこの会社に苦情メールを送ってやろうかと思いましたが、やめときました。
もう、ここのツアーに参加しなければいいことですしね。
ぷんぷん!
2011年02月06日 20:05
大変でしたね。いきなりから・・・。
でも、旅は楽しいから、そんな事は忘れて・・・。

私は、嫁とよく日帰りバスツアーに参加します。
気軽に行けて、日帰りは良いものです。
昨年は、やっぱり平城遷都1300年でしたね。
行きました。
うん、現地で4時間歩き回ってくたびれました。
って、そういうものですものね。
気分転換には、もってこいですね。
のそ
2011年02月06日 21:50
 こんばんは!フセイン八木さん(*^_^*)
フセインさんはよくバスツアーに行かれるんですね!
普通の有料のバスツアーなら、きっとこういうゴタゴタやスリルはないことでしょう。
奈良、いいですねー。
静岡から行くには日帰りバスツアーだとちょっと厳しいですが、ゆっくりと行ってみたいです。
 
 ちょっと忙しくて、なかなか続きが書けないでいます。
気長にお待ちください☆

この記事へのトラックバック