ピンクリボン運動って知ってるのそ?

 昨年末の健康診断の乳がん健診でひっかかり、先月再検査をしてきた、のそ。

<関連記事>
最近気分がすぐれなかったワケだのそ

そういえば、健診に行った時にもポスターが貼ってありましたが、
ピンクリボン運動」というものがあるのですね。
 ピンクリボン運動は1980年代にアメリカで始まり、日本で広まったのは
2000年代に入ってからだそうです。
乳がんで若くして亡くなった女性の母親が、残された家族と一緒に
ピンクリボンを作ったのが最初と言われています。
そのピンクのリボンには、「乳がんで命を落とさないように」という
女性たちへのメッセージと「同じ悲劇を繰り返したくない」という
母の思いが込められています。
(当時のアメリカでは乳がんにかかる女性は8人に1人と多く、
死亡率も高かったそうです。)
日本でも、食生活の欧米化、出産の高齢化などにともない、
乳がん患者は急増していて、女性の約20人に1人が乳がんを患う
とされ、死亡数も年々増えているそう!
私はガンの家系でもないし、絶対大丈夫!・・・なんて、言ってられない
のです。

 乳がんにかかる人が多いのは30〜40代の女性。
最もリスクが高まるのは40代後半というから、
私はまだまだこれからですね。
 自分でチェックできる方法はコチラに紹介されています。
私の場合は、先日健診に行った時に、「セルフチェックではちょっとわかりにくい」
と言われてしまいましたが、やってみたら・・・うーん、わかりにくいかも(^_^;)
それでも何か大きな変化がわかるかもしれないし、毎月やってみようと思います。
 もちろん、毎年の病院での検査もした方がいいですね。
医師による触診はもちろん、ちょっと痛いけど、マンモグラフィも。
(私の場合は、さらにエコーも必要になっちゃいましたが(^_^;)
乳がんは早期発見であるほど治癒率が高い病気ですから。

「ピンクリボン運動ブログパーツ」は、コチラからGET!


 M氏が2月の給料明細を見ながら、
「なんか、よくわからないお金が引かれているけど・・・」
と言うので、見てみると「預り金」として15000円ほどが引かれていました。
一緒に考えたけれど、思い当たらない・・・
ただでさえ残業時間を制限されて、お給料が少なくなっちゃっているのに。
 次の日、会社で聞いてきてもらったら
「のその健康診断のお金だったよ。」
あー、納得。
(ちなみに、健診の内容は、胸部レントゲン、バリウム、心電図、血液検査、
子宮頸がん健診、乳がん検診まで含む、かなり本格的なものです。)
でも、扶養家族の健診って、いつももっと安くできたような気がしたんだけど・・・
「今年から、高くなったみたいだよ。」
これとは別に、マンモグラフィで2800円、エコーで約2000円かかっています。
「ごめんねー、のそ、金のかかる女でごめんねー。」
と言ったら、
「のそさんが健康なら、いいんだよ。
毎年、ちゃんと受けるんだよ。」
というM氏。
・・・ありがとう(*^_^*)




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2009年03月02日 11:59
『ピンクリボン』知ってますよ(^^) もっと拡がればいいですね
私も人間ドックで、のそちゃんの受けたものは勿論、眼科、耳鼻科、それからレントゲンとは別に、肺の機能を調べるのかな?トイレットペーパーの芯みたいなものをくわえて“吸ってはいて”の検査もしたから、かなりの金額でした
それから、検査しないでのそちゃんが倒れたり病気になったりした方がM氏は辛いよ。元気なのそちゃんを大好きなM氏だもんね(^^)
それに、のそちゃんだって働いてるんだから…
のそ
2009年03月02日 15:38
 こんにちは!グミさん(*^_^*)
私はまだ「人間ドック」というものは受けた事はないです。いろいろ検査するんですね!
普段、なかなか病院へ行く習慣もないし、ちょっとのことなら市販の薬でごまかしてしまうモノグサ者なので、こういう機会でもないと大きな病気は見逃してしまいそうです。
そうですね、自分の為にも、M氏の為にも、せめて年に一度はちゃんと健診、受けてきます(*^_^*)
Boo
2009年03月02日 21:04
のそちゃん、ちゃんと検査して何事もないのが一番だよ。私は確実に金のかかる体になってしまいましたぁぁ~。
のそ
2009年03月03日 00:25
 こんばんは!Booちゃん(*^_^*)
うーん、そんな深刻なアレルギーがあったとは驚きですが、原因が特定されてよかったよね。
私はスギ花粉(ヒノキも?)アレルギー歴が長いけれど、食べ物のアレルギーがないだけ、まだ幸せなんだね。
いや、ないとはいいきれない・・・ちゃんと検査したことないんだから(^_^;)

この記事へのトラックバック