「グッド・シェパード」の試写会へ行ったのそ

 昨日は「グッド・シェパード」の試写会へ行ってきました。
久しぶりに長い映画で、PM7:00に試写会がスタートし、映画館を出たら
もうPM10:00近かったです。

画像


 1961年4月17日、キューバのカストロ政権転覆を狙った上陸作戦が
CIA内部の情報漏れにより失敗し、CIAは窮地に立たされた。
その数日後、作戦を指揮したエドワード・ウィルソン(マット・デイモン)の元に
CIAの内通者の男と、敵側スパイと思われる女が映ったテープが届く。
彼は部下のレイ(ジョン・タートゥーロ)にその分析を依頼する。

 名門大学卒業後、軍にスカウトされ、第二次世界大戦中の戦略事務局(OSS)で
諜報任務に従事、終戦後、OSSの延長線上に創設されたCIAの主要メンバーとなり、
ソ連との「冷たい戦争」に身を投じたエドワード。
祖国と任務のために家庭を犠牲にしながら、数々の過酷な試練に直面し・・・。


 ロバート・デ・ニーロ監督作品。さらに製作、出演もこなしている。
タイトルの「グッド・シェパード」とは、聖書内に登場する「良き羊飼い」を意味する。
(167分)


 うーん、難しい映画でした。
キューバのカストロ政権転覆を狙った上陸作戦が失敗した「ピッグス湾事件」
は、ジョン・F・ケネディ暗殺の遠因とも言われている有名な事件のようですが、
勉強不足の私にはそういう背景からちょっとわかりませんでした。
最初の方は流れがゆっくりで、ちょっと気を緩めて他の事を考えようものなら
すぐに話がわからなくなってしまう感じ。
私、このままこの映画についていけるのかしら?・・・と心配してしまいましたが
だんだんとおもしろくなってきました。
 CIA創立に深く関わるエドワードの半生の物語なのですが、国のために
組織のために自分の家族を犠牲にし仕事一筋、子供ができ、結婚したけれど
家にはめったにいない・・・なんか、こういう仕事一筋のサラリーマン、
日本にもたくさんいそうですね。
しかも彼の仕事というのは、常に周りの人間は信用できず、他人を監視し
自分も監視され、気の休まる暇もないという大変過酷なもの。
この仕事をずっと続けていられると言うのもすごいことです。
あまりよく知らない人の話を聞き、その言葉が真実なのか嘘なのか
わからず、いろんなことが信じられなくなって疑心暗鬼になり、
あげくに自分の体調を壊す・・・という経験を最近したばかりなので
私にはとてもこんな仕事はできないと思いました。
さらにプライベートさえもいつも油断ならず、女性さえも安らぎにならない
・・・こういう人間って、ストレスをどうして処理しているのだろうと
思ってしまいます。
男性と女性では、根本的に脳のつくりとか考え方が違うのかな?と
考えてしまいました。
私は、いくら豊かでセレブな生活ができたとしても、こういう人の奥さんには
あまりなりたくないなあ(^_^;)
 この映画では、マット・デイモンが19歳から41歳までのエドワードを演じて
いますが、若い時も年齢を重ねてからも同じような感じだったので、
時々混乱してしまいました。
アンジェリーナ・ジョリーは、イメージ的に同僚のCIAのメンバーとかかな?
と思ったのですが、エドワードに放っておかれる奥さん役でした。
あいかわらず綺麗なのですが、この人はもっと活動的でセクシーな
華やかな役のほうが好きだな。
あと、いろんな男性が出てくるのですが、顔の区別がつかなくて見分けるのに
大変でした。
衣装や髪型で区別がつくような内容ではないので、しょうがないかな?


のその感想・・・8.5点(10点満点で)


 ちょっと長すぎた感じもしましたが、過去をふりかえる映像と現在(1961年)が
交錯したとき、ああ、こういうことだったんだ!とちょっとスッキリ。
でも、結末はちょっと後味悪かったです。

この記事へのコメント

2007年10月27日 20:10
グッド・シェパード鑑賞券が当たったので私も観たのですが、
本当に難しい映画でしたね。
鑑賞券がまたまた当たったので
もう一度観にいくつもりです^_^;
のそ
2007年10月28日 13:49
 はじめまして!ひろんさん(*^_^*)
コメント、どうもありがとうございます。
 すごいですね!2回も当たったんですかぁ。
難しい映画ですし、長いですけど、もう一度観ればさらに理解が深まりそうな映画ですよね。
いってらっしゃーい!
2007年11月04日 17:25
二回目観てきましたよ^m^
すごい面白く観ることができました!!
また、映画の感想観にきますね。
のそ
2007年11月04日 22:11
 こんばんは!ひろんさん(*^_^*)
うーん、やはり二度目に少し理解した上で観ると、またおもしろいんですねー。
(二度観るにはちょっと長い映画ですが。)
TVでやったら、観たいです。
 ありがとうございます!ひろんさんのトコにもお邪魔しますね☆

この記事へのトラックバック

  • グッド・シェパード

    Excerpt:  『いくつ愛を失くせば、 この国を守れるのか。』  コチラの「グッド・シェパード」は、名優ロバート・デ・ニーロの監督2作目となる"CIA誕生にすべてを捧げた男の物語"で、10/20公開となってい.. Weblog: ☆彡映画鑑賞日記☆彡 racked: 2007-10-28 21:09
  • 「グッド・シェパード」息詰まる展開ながら静かに進行

    Excerpt: 「グッド・シェパード」★★★マット・デイモン、アンジェリーナ・ジョリー主演 ロバート・デ・ニーロ監督、2006年、アメリカ どうしてこの映画をデニーロは作りたかったんだろう、 玄人っ.. Weblog: soramove racked: 2007-11-01 08:20
  • 映画「グッド・シェパード」(2006年、米)

    Excerpt:    ★★★★☆  名優ロバート・デ・ニーロの監督2作目は、 国家・組織と家族との間で揺れる男の大河物語だ。      原題は、新約聖書に登場するキリストの言葉 「良き羊飼い」の意味の「The Go.. Weblog: 富久亭日乗 racked: 2007-11-05 21:30
  • グッド・シェパード

    Excerpt:  静謐な映像の中にも緊迫感をたたえた、予想以上の佳作でした。  2時間半を超える長尺の作品ですが、まったく冗漫さを感じさせません。  静かなるハードボイルドとでもいうべき作品でしょうか。  『ゴッドフ.. Weblog: シネクリシェ racked: 2007-11-11 09:43
  • グッド・シェパード外伝

    Excerpt: 10月26日に見た「グッド・シェパード」の鑑賞記をやっと書き終えた。荒筋や総合的な評価は、HPを読んで欲しい。ここでは、そこに書けなかったことを紹介する。スカル&ボーンズの入会儀式が詳細に表現されてい.. Weblog: とらちゃんのゴロゴロ日記-Hamazo racked: 2007-11-15 19:56
  • グッド・シェパード

    Excerpt:     この男がいたからCIAは生まれた。   創設当初はわずか17、8人でスタートし、いまや2万9千人を擁するまでに成長した、世界最高の諜報機関であるCIA &nbsp.. Weblog: 銅版画制作の日々 racked: 2007-12-23 12:04
  • 『グッド・シェパード』を観たぞ~!

    Excerpt: 『グッド・シェパード』を観ましたCIAの誕生をめぐり、1人の男が運命に翻弄されていく様を描いた壮大な人間ドラマです>>『グッド・シェパード』関連原題: THEGOODSHEPHERDジャンル: ドラマ.. Weblog: おきらく楽天 映画生活 racked: 2008-11-30 21:49