パソコン工房「Kaby Lake」搭載パソコン

のそのつぼやき

アクセスカウンタ

zoom RSS 七草粥を作ったのそ

<<   作成日時 : 2012/01/09 00:41   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

 ちょっと記事にするのが遅くなってしまいましたが、1月7日は
毎年七草粥を作ります。
本当は朝に食べるものらしいですが、M氏は朝はパン派なので
夕食に。

 昨年は、前日に行きつけのスーパーで398円で「七草セット」を購入
したのですが、当日、APITAに仕事が終わってから夜に行ったら、
まったく同じ七草セットが(たしか)半額になっていた・・・という
悲しい出来事がありました。
「今年は絶対にAPITAで買うぞ!」
と、昨年から決めていたので、仕事が終わってからのそ母と
APITAへGO!
 2階で洋服とか見ていたら、食品売り場へ行くのが遅くなって
しまいましたが、私たちが野菜のコーナーにたどり着いたところで、
ちょうど店員さんが値引きのシールを貼っているところでした。
値引きシールのさらに上に重ねて貼られたシールは・・・100円(゜o゜)
ついつい2セット購入!(^_^;)
(そんなにたくさん入っていなかったけれど、1セット5人前・・・って
書いてあった。)

 APITAでゆっくりしすぎて、M氏の帰宅時間まで迫っていたので
今年は土鍋で作りました。
炊飯器で作ると1時間くらいかかってしまいますが、土鍋なら
30分ほどでできるんですよね☆

画像


 実は土鍋で生米からおかゆを作ったのは初めてだったので、
ちょっぴり底の方を焦がしてしまいましたが、ご愛嬌。
1合のお米で5人分×2の七草を入れましたが・・・これで
ちょうどいい(*^。^*)
 やはり、七草当日になると、売れ残ってもしょうがないから
安くしちゃうのかなぁ?
それにしても、たくさん売れ残っていました。
七草粥も、作る人が少なくなってしまったのでしょうか?
来年も、当日の夜にAPITAで買うぞぉ!

 右にあるのは、のそ母にもらった、おせち用の煮豚と錦糸卵の
残り。
(毎年作るのが大変だそうですが、これがおいしいんだ!)
おかゆ自体は、塩味しかついていないので、おかかに醤油を
かけて、一緒にいっただっきまーっす(*^。^*)


 うん、美味しい(*^。^*)
今年一年、無事に健康に過ごせますように☆


土鍋で、おいしいごはんを食べよう! (講談社のお料理BOOK)
講談社
山本 真理

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 土鍋で、おいしいごはんを食べよう! (講談社のお料理BOOK) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
遅ればせながら〜〜〜
明けまして〜寒中お見舞い申し上げますm(_ _)m
七草粥、お米から炊くと美味しいですよね〜
水分がかなり大目だから焦げる?のは
珍しいかも(^O^)強火過ぎたかな・・
私は朝作りました(土曜日だったから佳かった
七草に赤米を入れて炊きました。
勿論セットの七草ですが、栽培でもホトケノザ(コオニタビラコ)は品薄らしく 食用タンポポ(ダンディライオン)が代替に入ってました。
以前はそのコオニタビラコ食べずに鉢に植えましたが根付かなかった哀しい思い出があります。
お母さん作の煮豚と出汁巻き(錦糸卵?)
すっごく美味しそうです。
私は今年は栗きんとんの代わりに金柑の黄金甘露煮にしたら大好評でした。早々、胃もたれがしたので食欲がなく、ソレを食べてしのぎました(-_-;)
のそさんはお正月早々、くじ運も良さそうだし きっと佳い事がいっぱいありますね(*^-゚)⌒☆

2012/01/11 17:24
 こんばんは!Kさん(*^_^*)
本年もよろしくお願いいたします<(_ _)>
 七草粥、たぶん、火が強すぎたのだと思われます(^_^;)
鍋モノはよく作るのですが、お米だと初めてでどんな具合だかさっぱりわかりませんでしたので・・・。
赤米を入れられたんですか、縁起がよさそうな感じがしますね☆
確かに、七草セットのものを使わずにそのまま植えておけば、栽培できそう!(もとは雑草ですものね)
「七草は家の庭で摘めるのよー」とか言ったら、かっこいい!
 母の錦糸玉子は、ゆで卵の白身と黄身を分けてそれぞれ裏ごしし、甘みをつけてから、下に白身、上に黄身を容器につめて、蒸して作ります。
なかなかこの裏ごし作業が大変で、今年も妹ががんばったようです。
食べてしまうのは、あっという間なんですけどね(^_^;)
 金柑の黄金甘露煮・・・甘くてスッキリしそうで私も食べたくなっちゃいます。
今日、ちょうどスーパーで金柑を見かけて「久しぶりに食べたいなぁ」と思ったばかりでしたよ(*^。^*)

 今年こそ、お株も上がり、日本の景気もよくなって、いいことがたくさんあるといいですね(^_^)/
のそ
2012/01/11 22:55
お雑煮はつくったものの、七草粥は結局作らなかったです。スーパーのセットを買えばいいやと思っていたものの、あまりの寒さに家から出るのが億劫になったのと、父があまりそういう風習に興味がなくて「別に七草粥なんてどっちでもいいよ」と投げやりだったことが重なり、作らない方向に収まってしまいました(笑)。

でも、基本的にはこういう日本の伝統行事は大事にするべきだと思いますよ。地域ごとのお雑煮の違いとか、昔からある文化って本当に面白いから残して行くべきですよね(#^.^#)
マチベー
2012/01/12 16:02
 こんにちは!マチベーさん(*^_^*)
寒いと、外に出るのは辛いですよねー。
昨日は本当に寒くて、凍えそうだった・・・。
七草セット、たくさん売れ残っていましたから、作っている家は少ないんじゃないかと思いましたよ。
 私は、意外と、食べ物に関する伝統行事は守っているかもしれません。
御節、お雑煮、七草粥、白酒(笑)
他の地域のいろんなお雑煮を食べてみたいです。
のそ
2012/01/13 13:13

コメントする help

ニックネーム
本 文
Surface Pro 4
価格.com自動車保険 比較・見積もり ドミノ・ピザ【PC向けサイト】 ピザハットオンライン PIZZA-LA <宅配ピザならピザーラ>
七草粥を作ったのそ のそのつぼやき/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる